DHA EPA 効果 アレルギー抑制

MENU

DHAやEPAの効果でアレルギーを抑制する

何らかのアレルギー症状を持っている人は非常に多いとされています。花粉症だけではなく、喘息や、アトピー、食物アレルギーになってしまう人も昔に比べ、非常に多くなっているとされています。

 

アレルギー症状とは、からだが過敏になっている状態で、異物ではない物まで、体に害があると判断してしまい、アレルギー症状を引き起こします。免疫が強くなると、アレルギー反応は起こりにくいとされていますが、DHAやEPAの摂取をすることで、アレルギーを抑える効果があることがわかっています。

 

DHAやEPAには、アレルギーを引き起こすとされる、リノール酸と呼ばれる物質を減少させる働きがあるとされています。リノール酸は市販されている植物油に多く含まれています。食生活の改善により、リノール酸を減少させることでも、アレルギーの改善には効果があるのですが、油分は様々な食品に含まれており、排除することが難しいとされていますから、リノール酸を排除するよりも、DHAやEPAの摂取により、リノール酸を抑制させる方が、簡単であり、そして高い効果も期待できるのです。

 

アレルギー症状が強い人の場合、普段から薬を服用しているかと思いますが、中々改善しない人や、薬の量を減らすことができずに悩んでいる人は、DHAやEPAの摂取を開始してみましょう。DHAやEPAのサプリメントは、薬と一緒に服用しても問題ないとされていますが、その他に栄養素が配合されている場合もありますから、医師に確認をとってから服用を始めると安心です。