DHA EPA 効果

MENU

DHAやEPAの効果を感じるまでの期間とは

DHAやEPAのサプリメントを摂取すれば、すぐに、血液がサラサラになるわけではありません。DHAやEPAは継続して摂取しなければ効果を表すことができませんから、毎日継続して摂取をしましょう。

 

効果が実感できるまでの期間としては、早くても1か月程度は継続して摂取する期間として必要となります。

 

血液のドロドロを一瞬にしてサラサラにすることができるわけではありませんから、長い目で見て摂取を続けてみましょう。

 

 

毎日血圧を測っているような高血圧の人の場合、DHAやEPAの摂取を開始すると、徐々に血圧が正常に戻ってくることがわかるかと思います。集中力を上げたい人の場合、毎日摂取し続けることで、頭に入ってくる知識が増えて始めていることに気が付くことと思います。

 

DHAやEPAは、目に見える効果ではないため、摂取を意味がないと感じ、摂取することをやめてしまう人も多いのですが、飲む前に健康診断などを利用し、血液検査を行い、1年間継続してDHAやEPAを摂取し、翌年の健康診断により、どのくらいの違いが出るか、確認してみると良いでしょう。肉食であった人が、魚食に変えると、それだけで体重が減少する場合が多いのですが、血液の濃さや、悪玉コレステロールや、その他にも血液の状態に違いが出ていることがわかると思います。

 

 

目に見えないDHAやEPAの働きですが、継続して飲み続ければ、それだけ健康を維持することができるわけですから、途中で摂取をやめてしまう事がないようにしましょう。

 

参考になるサイトを載せておきます↓
DHA・EPAサプリを徹底比較@品質重視?価格重視?

上手にDHAとEPAを摂取する方法

DHAやEPAを上手に摂取するためには、負担になるような摂取法を避けるという事です。

 

今まで自炊をしなかった人が、DHAやEPAの摂取のために、自炊を心掛けるようにしても継続することは非常に難しいと言えるでしょう。

 

肉食であった人が、急に魚食に変更すると、物足りなさを感じ、他の物も食べてしまうようになり、太ってしまう事も考えられます。

 

食事の中からDHAやEPAを摂取する場合には、今までの生活習慣を変えるようなことは継続できなくなってしまう可能性が非常に高くなってしまいますから、お勧めできません。生活の一部に取り入れることができ、無理がない範囲で行う事が理想です。

 

サプリメントであれば、忘れがちになってしまう人も多いかもしれませんが、時間がかからず、思い出したら口にすれば良いだけですから、比較的簡単にDHAやEPAを摂取することが出来るのですが、今まで魚を全く摂取していなかった人の場合には、ちょっとした工夫から始めてみましょう。

 

毎日同じ魚ばかりでは飽きてしまいますし、同じ調理法では味わいも同じになってしまいますから、つみれにして味噌汁に入れてみるという方法や、肉団子風にあんをからめてみるなど、おいしく楽しく、そして、無理のない範囲で魚を取り入れましょう。

 

 

一番簡単な方法としては、朝だけ魚を用意し、昼と夜は、今までとは変わらない食事内容にするという方法です。昼と夜は好きな物を食べますから、我慢をしている感覚がなく、継続しやすい方法となります。

 

更新履歴